2017Tokyo新人デザイナーファッション大賞キディルやファブリックバイカズイも参加ファッションプレス

2017 Tokyo 新人デザイナーファッション大賞のプロ部門デザイナーによるジョイントショーと同大賞アマチュア部門ショーを2017年10月18日(水)に、東京・渋谷ヒカリエにて開催した。プロ部門プロ部門は、自身のブランドビジネスを行っている若手デザイナーに向けたファッションアワード。今回は5名のデザイナーが2018年春夏コレクションを発表した。キディル(KIDILL)今回の審査で最高位の都知事賞を獲得したキディル。デザイナー・末安が90年代に体験してきた、ハードコアパンクグランジ、グラフィティ、スケートボード、文学といったカルチャーを取り込み、現代の新しい精神で服を作るブランドだ。ショーでは、”パンク”を感じさせるコレクションを発表した。チェック柄や写真をプリントしたグラフィックTシャツ、そして首にはスタッズが配されたチョーカー。そんなパンク・スタイルを、キディルらしいオーバーサイズなシルエットで表現した。ファブリック バイ カズイ(PHABLIC×KAZUI)原点に立ち返るという意味を込めて「Starting Over」をテーマに掲げた今シーズン。ラ\xA5

鵐ΕДい鮃腓Δ唫皀妊襪燭舛ⅷ蠅忙鈇辰討い覯屬篁泙箸い辰真∧Ľ閥μ弔垢襪茲Δ福⇒イ靴嘈貘隆兇里△襯襯奪唎鯏験ǂ靴拭↗ɓ蕁爾蓮▲優ぅ咫爾筌屮薀Ε鵝▲Ś侫曠錺ぅ箸鬟戞璽垢法⇒晷漚篥ダ漚覆匹蘯茲蠧類譟△靴辰唎蠅藩遒礎紊い織函璽鵑法↗蹇璽屬里茲Δ淵魁璽箸蓮▲轡鏨兇里△訌悩爐⓴砲笋ǂ砲覆咾咩0豸ǂǂ辰舛蠅箸靴織献礇吋奪箸離札奪肇奪廚砲癲⊃爾ぅ屮薀Ε鵑妊椒織縫ɓ襪併表ǂ鮖椶掘∨匆療Ľ淵燹璽匹鯢困錣擦拭↗ɓ團\xA8(KÄÄPI&#214「100年後も着たいニット」をコンセプトに、ニットを使ったプロダクトを提案するカピエ。ショーでは、薄いニットを異素材と組み合わせることで、涼しげで軽やかな質感を表現した。ノースリーブのニットのトップスには、ホワイトのワイドパンツを合わせて。パンツは太ももあたりから正面に切り込みを入れ、歩くたびに切り込みが揺れ、中の生地が覗く。アマチュア部門数々の有名デザイナーを輩出し、若手クリエイターの登竜門となっているファッション大賞のアマチュア部門。今回は世界11か国の国と地域から7,776点のデザイン画のエントリーがあり、その中から25人の精鋭たちの作品が最終審査\xA4

縫離潺諭璽箸気譴拭B臂\xDE 文部科学大臣賞に選ばれたのは、文化ファッション大学院大学・今村 未来。受賞した作品のテーマは、「LiGHTPiA」だ。彼女自身が、”ライト”を使った展覧会を観たことをきっかけにデザインされたこのピース。トレンチコートというベーシックなアイテムを解体。腰のあたりからチュールをボリューミーにあしらいドレスのような1点に仕上げた。透き通る白のチュールから透けて見える蛍光イエローのチュールは、まるで発光しているようだ。シルバーやホワイトのカラーで表現されたコートとワンピースの模様は、ライトの科学的な性格をよく表している。